1. HOME > 
  2. 【エレキギターの種類】ギブソン「ファイアーバード」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Regular Contents

Special Contents

【エレキギターの種類】 ギブソン「ファイアーバード」

ギブソン「ファイアーバード(Firebird)」

*

ファイアーバードは、自動車デザイナーであったレイモンド・ディートリック(Raymond H. Dietrich) のデザインにより1963年に誕生。鳥が羽をたたんで休んでいる姿を彷彿とさせるフォルムを持つことが名前の由来。ネックがボディを貫くスルーネック構造をギブソンがはじめて採用したモデルでもあり、リバースヘッドと呼ばれるヘッドストックやポストからツマミまで一直線に伸びたバンジョー・ペグなど様々な特徴を持っている。ピックアップには、ミニ・ハムバッキング・ピックアップがマウントされていて、通常サイズのハムバッキング・ピックアップと比べると若干トレブリーなトーンとなっている。

1965年にモデルチェンジが行なわれ、ボディおよびヘッドストックがそれまでと左右反転したようなデザインに変更。ボディ構造もスルーネックからセットネックに変更され、ピックアップにはP-90がピックガードに吊り下げるように搭載されるなどハードウェアの仕様も大幅に変更になった。ちなみに、誕生当初のモデルは「リバース・モデル」、モデルチェンジ後のモデルは「ノンリバース・モデル」と呼ばれることがある。また、仕様の違いからI、III、V、VIIの4つのバリエーションが存在する。

次のページ(ポールリードスミス)に進む>>

*

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器