1. HOME > 
  2. 【エレキギターの種類】フェンダー「テレキャスター」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Regular Contents

Special Contents

【エレキギターの種類】 フェンダー「テレキャスター」

フェンダー「テレキャスター(Telecaster)」

*

アコースティックギターから発展してきたエレキギターに、ボディ内に空洞を持たないソリッドボディという概念を初めて持ち込んだのがテレキャスターだ。1949年にエスクワイヤーという名前で発表され、ブロードキャスターという名前で1950年に発売を開始。1951年から現在のテレキャスターという名称に変更されている。ソリッドボディ以外にも、4本のネジでボディにネックを固定するデタッチャブル・ネックの採用など、エレクトリックギターならではの特性を生かした新しい設計思想が随所に盛り込まれている。

ピックアップはフロントとリアにそれぞれ異なるタイプのシングルコイル・ピックアップをマウント。フロントピックアップは、カバード・タイプのデザインになっていてボディに直接マウントされている。リアピックアップは、ノンカバーでコイルのボビンはフロントよりもワイドな設計となっており、ブリッジユニットにつり下げる形でマウントされている。弦をボディの裏側から通すという構造もユニークで、これによりテールピースは省略されている。サウンドは、リアはトレブリーなトーンを持っていて、フロントは甘さとシャープさを兼ね備える。フロントとリアがミックスされるセンターポジションでは、ノイズの少ないハムキャンセル・サウンドを得ることが可能だ。

テレキャスターの各モデルについて

*バリエーション・モデル

バリエーション・モデルとしては、ボディ内に空洞部分を設けたセミ・ソリッドボディを持つテレキャスター・シンラインや、ハムバッキング・ピックアップをマウントしストラトキャスターのネックを採用したテレキャスター・デラックス、フロント・ピックアップにハムバッキング・ピックアップをマウントしたテレキャスター・カスタムなどがある。テレキャスター・デラックスなどのハムバッキング・ピックアップをマウントしたモデルは、テレキャスターの特徴ともなっていたトレブリーなトーンではなく、ハムバッキングならではの甘さと太さをもったサウンドを持っている。

*

American Vintage '69 Telecaster Thinline

*

American Vintage '72 Telecaster Custom

 

次のページ(ジャズマスター)に進む>>

*

 

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器