1. HOME > 
  2. 【エレキギターの種類】 ポール・リード・スミス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Regular Contents

Special Contents

【エレキギターの種類】 ポール・リード・スミス

ポール・リード・スミス(Paul Reed Smith/PRS)

*

ポール・リード・スミス(PRS)は、設立されたのが1985年とギターメーカーの中では比較的新しいが、その優れたクオリティにより現在ではフェンダー、ギブソンに並ぶ人気ブランドにまで成長。カルロス・サンタナやアル・ディ・メオラといったギター界の重鎮から リンキンパーク、フーバスタンクといった若手バンドにまで幅広く使われている。その特徴となっているのが、フェンダーとギブソンの長所を取り入れた設計コンセプトだ。例えば、ネックのスケールに関しては、25インチとストラトキャスターとレスポールの中間にあたるサイズを採用。メイプルトップ&マホガニーバックのボディ・マテリアルとアーチドトップ仕上げはレスポールを彷彿とさせるし、シンクロナイズド・トレモロに近い構造のトレモロユニットを装備しているという点ではストラトキャスター的とも言える。

もちろん、その上にポール・リード・スミスならではのアイデアも沢山盛り込まれていて、アーミング時のチューニングのずれを少なくするために計算されたヘッドのテンション角や弦の摩擦を軽減するナット、ロック式のチューナー、ストレートなハムバッキング・サウンドからハーフトーン的なサウンドも作り出せるロータリー式ピックアップセレクターなど1つ1つ挙げていたら枚挙に暇がない。また、デザイン面においても素晴らしく、鳥が羽ばたく姿をコマ送りしたようなバードインレイはポール・リード・スミスを象徴するイメージとして定着している。

次のページ(グレッチ)に進む>>

 

*

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器