1. HOME > 
  2. 【エレキギターの種類】グレッチ「6120」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Regular Contents

Special Contents

【エレキギターの種類】 グレッチ「6120」

グレッチ「6120」

*

グレッチ社を代表するモデル「6120」は、ボディ内部が空洞になっているフルアコースティック・スタイルのボディ構造を持つエレクトリック・ギターだ。ロカビリーギタリストとして人気の高いブライアン・セッツァーが愛用していることでも知られているが、元々は、カントリー&ジャズギタリストのチェット・アトキンスをアドバイザーに迎え入れて開発されたモデル。

そのため、1954年の発表当初は「PX6120/チェット・アトキンス・ホロー・ボディ」というアーティスト名の入った名称で発売されていた。年代によって仕様は少しづつ異なっており、最初はシングル・カッタウェイのモデルとして登場したが、その後ダブル・カッタウェイのモデルも発売され、ピックアップもダイアソニックと呼ばれるシングル・コイルからフィルタートロンと呼ばれるハムバッカーに変更されている。ボディの構造自体も、シンライン・スタイルになり完全なフルアコースティック構造ではなくなっている。50〜60年代のアメリカ音楽と係わり合いが深く、特にロカビリーやカントリーミュージックでの貢献度ははかりしれないモデルだ。

次のページ(リッケンバッカー)に進む>>

*

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器