1. HOME > 
  2. JVC(ビクター) レッスンマスター「RD-R2」をリハスタに持ち込んでアコギを録ろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

JVC(ビクター) レッスンマスター「RD-R2」をリハスタに持ち込んでアコギを録ろう!

レッスンマスター「RD-R2」をリハスタに持ち込んでアコギを録ろう!

*

「録る、聴く、練習する」を1台で実現するポータブルレコーダー「RD-R2」。今回、このRD-R2の魅力を探るべく、実際にリハスタに実機を持ち込んでアコギの演奏を録ってみた。プレイしてくれたのは数多くの楽曲を手掛けるプロデューサー/ギタリスト、OZA。RD-R2に搭載されている機能は、はたしてどれくらい便利なのか? 早速、動画レポートをご覧いただきましょう!

RD-R2でアコギを録る チューニング編

「RD-R2」にアコギを録る前に、まずは本機に搭載されているチューニング機能を使ってアコギのチューニングをしてみよう。「RD-R2」には、入力された音と基準音とのズレを画面とランプで表示する「クロマチックチューナー」と、本機から出る基準音を聴きながらチューニングを行なう「チューニングトーン」の2つが用意されている。ここでは、見た目にもわかりやすい「クロマチックチューナー」を活用してみたいと思う。

RD-R2でアコギを録る メトロノームでギターを練習

続いて、メトロノームを利用しながら、フレーズの練習をしていこう。「RD-R2」のメトロノームは、通常の「カンッ、カンッ、カンッ」という音以外にも、ドラム音やクラベス音、「ピッ、ピッ」というビープ音など、4種類のサウンドが選べるのが特徴だ。また、メトロノーム使用中に「録音●||」ボタンを押すと、メトロノームを使いながらフレーズをレコーディングすることもできる。

RD-R2でアコギを録る バッキングの録音

それでは、いよいよアコギのバッキングから録音していこう。「RD-R2」には「ギター入力/コンタクトマイク」、「マイク/ライン入力」という2つの入力端子があり、様々な外部のソース(楽器やプレイヤーなど)を録音することができるが、何もつないでいなければ本体内蔵の高音質なマイクで録音することになる。また、「RD-R2」では録音の際の入力レベルも簡単に調整できるので、音が小さかったり歪んだりといった問題に悩まされることもないはずだ。

RD-R2でアコギを録る 重ね録音

「RD-R2」では、1つの曲にギターやボーカルを繰り返し重ねて録音することも可能だ。ここでは、先ほどレコーディングしたバッキングに、フレーズをさらに重ねてみることにしよう。手順はいたって簡単で、録音を重ねたい曲を選んで「決定ボタン」を押し、続けて「重ね録音●||」を押すだけだ。

RD-R2でアコギを録る エンディング

今回は、「RD-R2」でチューニング、メトロノーム、バッキング録音、重ね録音をしてきたわけだが、とにかくリハスタで手軽に高音質なレコーディングが楽しめることがわかった。持ち運びにも便利だし、アコギのレコーディングだけではなく、バンドの録音や練習などにも重宝しそうだ。

まだまだあるぞ!「RD-R2」の便利機能

再生速度を変える「スピードコントロール」

「RD-R2」では、楽曲のキー(音の高さ)を変えずに曲を速く再生したり、遅く再生できる「スピードコントロール」機能が搭載されている。スピードコントロールでは、曲を最大150%(1.5倍)、遅くする場合は50%(1/2倍速)までの幅で調整することができ、フレーズの練習などに活用できるのが特徴だ。

音程を変える(キーコントロール)

**

「RD-R2」では、再生速度を変えずに音程を高く(♯6まで)したり/低く(♭6まで)することも可能。ボーカリストや各プレイヤーなどの要望で、キーを突然変える必要が出てきても大丈夫だ。

カウントダウン録音/再生

**

約5秒前からカウントダウンを行なって、録音や再生、重ね録音ができるのも「RD-R2」の特徴だ。「録音ボタン」を押してから即レコーディングではなく、ギターを持ち直すまでの準備の時間が確保できるのはありがたい。

A-Bリピート機能で特定の範囲を再生

「RD-R2」では、録音したフレーズの中から気になる部分だけを繰り返し再生できる「A-Bリピート機能」が用意されている。サビ部分だけを繰り返したり、難しいフレーズを集中して練習する際などに便利な機能だ。

パートキャンセル

**

「RD-R2」では、楽曲の中からボーカルやギターなど、選んだポジション(定位)の音を低減して再生できる「パートキャンセル」機能も用意されている。例えば、ボーカルの音を小さくしてカラオケの伴奏曲などに使うこともできるのだ。

ACC(アクティブクリアサウンド)

*「ACC(アクティブクリアサウンド)」機能を使えば、音量を上げても音割れしにくい、クリアな音で聴くことができる。ただし、この機能はスピードコントロールやキーコントロールで曲を調整しているときは働かない。

離れたところから「ハンドクラップ再生」でコントロール

「RD-R2」には、離れたところから曲を再生するための「ハンドクラップ再生」という便利な機能も搭載されている。両手のふさがった状態でオケトラックを再生したり、ちょっと離れた場所に「RD-R2」を置きたい人には重宝する機能だ。ちなみに「ハンドクラップ再生」機能といっても、手を叩くだけではなく、アコギのボディを3回鳴らすなどしても「RD-R2」を再生することができる。

microSDカード

*「RD-R2」では、microSDカードに長時間レコーディングすることができる。また、カードのタイトルがすぐにわかる「差したらしゃべる!音声タイトル」機能も搭載されている。

カレンダー検索

*レコーディングした楽曲ファイルをカレンダーから探せるのも「RD-R2」ならでは。録音した日は、カレンダーにもわかりやすく表示されているので、後からでもすぐに呼び出せる。

聴き比べレッスン

*「RD-R2」には、お手本再生に続けて練習を録音し、お手本と練習を聴き比べる機能も用意されている。お手本となるフレーズを繰り返し再生ができるので、難しいフレーズなどを集中して練習したいときに重宝するはずだ

録音リバーブ

*「RD-R2」では、録音時に「ルー ム」「ステージ」「ディレイ」など、いわゆる残響を付けられる機能も用意されている。響きの少ないデッドな場所でボーカルなどを響かせたいときに活用するといいだろう。

FMラジオ

*「RD-R2」にはFMラジオを聴くチュー ナーが搭載されている。録音した曲を再生するだけではなく、ラジオ局から流れてきたBGMをいつでも聴くことができるのだ。

*

Profile / OZA

凄腕ミュージシャンを集結させたモンスターバンド「ERSKIN」のギタリスト。2007年にはロックユニット&[AND]を結成し、1stアルバムでは有名クラシックを大胆にデジタルロックとしてアレンジしたことで話題を呼ぶ。その後、2009年にはOZA名義でリリースしたソロアルバムをリマスタリングし直し、配信オンリーの実験的な試みもスタート。2011年にはK-POPアイドルSM☆SHのアルバムに楽曲提供を行ない、最近ではアニメの楽曲提供なども手掛けている。なお今後は自身のレーベルMY ROOM MUSICから続々配信する予定だ。

RD-R2の主な仕様

  • ●実用最大出力:2.5W+2.5W(AC電源使用時)、1.5W+1.5W(乾電池使用時)
  • ●記録メディア:マイクロSDカード
  • ●録音フォーマット:リニアPCM(16ビット/48kHz、24ビット/48kHz)、MP3(128kbps/44.1kHz、192kbps/44.1)
  • ●内蔵マイク:高感度ステレオコンデンサーマイク(重ね録音のフォーマットはWAVのみ)
  • ●入出力端子:ライン/外部マイクイン(ステレオミニ)×1、コンタクトマイク/ギターイン(モノラル標準)×1、USB2.0/1.1(ハイスピード対応)、ヘッドホン(ステレオミニ)×1
  • ●再生フォーマット:MP3、WMA、WAV(リニアPCM)、AAC
  • ●再生対応ビットレート:MP3/WMA/AAC=8kbps〜320kbps,VBR
  • ●再生対応サンプリング周波数:8〜48kHzM(再生スピードコントロールは32/44.1/48kHzで対応)
  • ●本体カラー:ブラック/シルバー
  • ●スピーカー:4cm(1ウェイバスレフ型)
  • ●電源:AC100V(50Hz/60Hz)、単3形アルカリ乾電池(3本)、または単3形充電式ニッケル水素電池(3本)※電池持続時間(再生)=約19時間
  • ●外形寸法:192.4(W)×92(H)×58.6(D)
  • ●重量:450g(電池含まず)
  • ●付属品:microSDカード(2GB)、ACアダプター、USBケーブル
  • ●録音時間(付属の2GBマイクロSDカード使用時):リニアPCM(24ビット/48kHz時)=1時間50分、リニアPCM(16ビット/48kHz時)=2時間40分、MP3(128kbps/44.1kHz時)=33時間、MP3(192kbps/44.1kHz時)=22時間
  • ●パソコン動作環境:Windows Vista/7/XP(SP3以降)

装備機能

  • ●リピート:A-Bリピート、1曲リピート、全曲リピート
  • ●メトロノーム:機械式メトロノーム、ドラム、クラバス、ビープ(電子音)の4通り
  • ●クロマチックチューナー:コルグのエンジンを採用
  • ●スピードコントロール:50〜150%
  • ●キーコントロール:♭6〜♯(半音、1/10半音)
  • ●聴き比べレッスン
  • ●簡単頭出し:1曲に最大99ヶ所のポイント設定可能
  • ●重ね録音:10回まで(フォーマットはWAVのみ)
  • ●カウントダウン・スタート
  • ●ハンドクラップ・スタート
  • ●カレンダーサーチ
  • ●差したらしゃべる音声タイトル
  • ●ギャップレス再生
  • ●再生ミキシング
  • ●A-B区間コピー
  • ●カードで簡単ダビング
  • ●FMラジオ:プリセットメモリー=20局

希望小売価格:¥37,800 (税込)
問い合わせ:JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
フリーダイヤル:0120-2727-87(携帯電話/PHS/一部のIP電話など、フリーダイヤルがご利用になれない場合=TEL:045-450-8950)
製品情報詳細 JVC KENWOOD(JVCケンウッド)
HP:http://www3.jvckenwood.com/audio_w/home/rd-r2/index.html

登録楽器店で探す

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器