1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ボディB(材/構造) (アコースティックギターのボディの構造)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ボディB(材/構造) (アコースティックギターのボディの構造)

アコースティックギターのボディの構造について

*

アコースティックギターを購入する際にまず最初に決めたいことはボディスタイルだ。材質やパーツにもよるがボディスタイルがサウンドや演奏性に与える影響はことのほか大きい。これは使う人がどんな音楽を演奏するのかにも関係してくることである。ボディスタイルは大きく分けると「ドレッドノート」、「ジャンボ」、「フォーク」の3つがある。

ドレッドノート・タイプ

ドレッドノート・タイプは、アメリカのマーチン社が最初に開発したボディスタイルで、今やアコースティックギターといえば、このスタイルを指すほど一般化し、各社から同様のスタイルのモデルが発売されている。ドレッドノートはオールマイティなボディ形状で音量も音質もタイナミックだ。ストロークでもフィンガーピッキングでも弾きやすく、ロックからフォークまで広く使われている。

ジャンボ・タイプ

ジャンボ・タイプはその名の通り大きなボディサイズで、ボディ下部が丸く大きいモデルが多い。ドレッドノートより中・低音が充実しており、そのせいかロック系のギタリストに愛用者が多い。

フォーク・タイプ

フォーク・タイプはドレッドノートより一回り小さく、音量や低音の面では大型ギターに負けるものの、音の分離もよくシャキッと締まったサウンドはフィンガーピッキングに最適だ。フォークやフルース、ラグタイム系のギタリストが多くこのスタイルのギターを使用している。

単板か合板か

*

アコースティックギターにおいてボディはサウンドを特徴づける大切なポイントである。ボディスタイルによる音の違いは前項で説明したが、そこに使われている板が単板か合板かによってギターのサウンドも変わってくる。
単板(ソリッド)は1枚の板。合板(ラミネイト)は木目を直角にずらした薄板を数枚張り合わせてある。単板か合板かを調べるにはサウンドホールから表板の切断面を見ればよい。木目の線が表から裏までまっすぐ通っているのが単板で、横線が木目を分断しているのが合板だ。一般的に合板は耐久性があるが、音の響きの面では単板にやや劣る。また、表板だけ単板で側板(サイド)と裏板(バック)は合板という仕様のギターもある。一般的に、オール単板のギターの方が音の響きがよく、その分価格も高くなる傾向にある。

*
 

次のページ(ボディC)に進む>>

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器