1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ボディC(材/構造) (アコースティックギターの主な材)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ボディC(材/構造) (アコースティックギターの主な材)

アコースティックギターに使われる主な材

トップ材には、スプルース(松)やシダー(杉)などが使われることが多い。スプルースは柔らかく振動しやすい材、シダーはアタックが強く明るい響きが特徴。どちらが優れているというわけではなく、音の好みで選ばれる。産地によりサウンドや価格に差がある。選ぶ時のポイントは木目がまっすぐで、間隔にむらのないものを選ぶこと。 サイドとバックは、同じ木材で作られることが多い。材質は暖かみのある音のするマホガニー、素直な音のするローズウッド、硬めの音がするメイプル、コアなどが一般的。バックが2枚の板を左右に貼りはわせてあるものを“2ピース”、3枚の板で作られているものを“3ピース”と呼ぶ。両方とも多少音が違い、どっちがよいとはいいきれない。

*

次のページ(ボディD)に進む>>

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器