1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ボディD(材/構造) (アコースティックギターのブレイシング)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ボディD(材/構造) (アコースティックギターのブレイシング)

ブレイシングについて

*

表からは見えないが、表板の裏側に張り付けられ、音に大きく影響しているのがブレイシング(力木)だ。各メーカーともブレイシングには最新の研究成果を取り入れているが、これもそれぞれ音が違うので、どれがよいとはいい切れない。
最近よく目にするスキャロップド・ブレイシングは、スキャロップ(ほたて貝)のようなRのある削り込みのあるブレイシングのこと。これは、普通のブレイシングよりも振動しやすく柔らかい音がするが、必ずしもスキャロップド・ブレイシングの方が音が優れているわけではない。

次のページ(ピックアップ@)に進む>>

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器