1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ブリッジ (ブリッジの種類や高さ、材質)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ブリッジ (ブリッジの種類や高さ、材質)

ブリッジの種類や高さ、材質について

・ブリッジの種類

ブリッジは、最終的に弦振動をボディに伝える役目を果たし、オクターブ調整、弦高調整を行なうのもここだ。種類は豊富で各ギターにそれぞれ特徴のあるブリッジが取り付けられている。最も有名なのが、ギブソン系ギターに採用されているチューン・オー・マチック・ブリッジだ。ブリッジの高さがネジで調節できる。さらに、ブリッジには各弦ごとに駒がついていて、オクターブ調整も可能となっている。オクターフ調整はローポジションのチューニングとハイポジションのチューニングが違う時に行なうもので、12フレットの実音とハーモニクスが同じになるように駒を動かしチューニングを行なう。ハーモニクス音が実音より高ければ、駒をテールピース(ボディ)側に、逆に低ければ、ピックアップ(ヘッド)側に駒を動かして調整するものだ。
 ストラトキャスターのトレモロユニットには、1弦ごとの弦高、オクターブ調整が可能なフローティングブリッジというものが付けられている。このブリッジはトレモロユニットとジョイントしており、文字通りフローティングの状態になっているため、弦が切れた場合バランスが狂い他の弦のチューニングも狂ってしまうという欠点がある。
 その他には、弦2本ずつオクターブ調整可能なテレキャスター用ブリッジ、テールピースとブリッジが一体化しているスタッド・テールピース、パダス・ブリッジ(オクターブ調整が可能)などがある。

*

チューン・オー・マチック・ブリッジ

*

テレキャスター用ブリッジ

*

スタッド・テールピース

・ブリッジの高さと切り込みの深さ

弦高は好みにもよるが1音チョーキングし、ビブラートをかけて音がプレない程度が適当だ。余り低過ぎると、音にハリがなくなる。超絶ギタリスト(特にロック系)といわれる人達も、弦高はそれほど低くはしていないようで、特にカッティング系ギタリストの場合はかなり高めだ。切り込みの深さは深すぎると音が死んでしまう。理想としては指板の方向からテールピース側に傾斜するように角度がついていて、弦が1点で接しているのがよい。

・材質とサウンド

スティール製、プラス製などがあり、サウンドが微妙に異なってくる。例えば、オールド・ストラトキャスターにはスティール製プレス式サドルが付いていたが、プラス製と比べるとサステイーンの面で劣る。しかし、スティールは重量が軽いため、あの軽やかな枯れたサウンドを出すようだ。

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器