1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ブリッジ (テールピース)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ブリッジ (テールピース)

テールピースについて

弦のエンドを止める部分であり、ブリッジ同様弦振動をボディに伝えているパーツがテールピースだ。チューン・オー・マチック・ブリッジとコンビになっているストップ・テールピース(写真)は、上下させることによって弦のテンション(張り)を変えることができる。テールピースを上げるとテンションが弱まり、下げるとテンションが強められるほか、よりテンションを弱くする方法として逆側(ネック側)から弦を通し、テールピースの上を通過させて弦を張る方法もある。
テレキャスターはボディの裏で弦を止めるボール・アンド・ストップ・テールピースを採用している(通称裏通し)。この方式は、弦振動を効果的にボディに伝えることができるのが特徴。また、ストラトキャスターも同様に、弦をボディ裏で止めているがトレモロユニットのブロック部分でエンドを止めており、ポール・アンド・ストップ・テールピースというよりは、ブリッシと一体化したタイプといえるだろう。このほかフル・アコースティックギターに採用されているトラピーズ・テールピースやトレモロユニットと一体化したタイプなども存在する。

*



 

ストップ・テールピース(写真赤枠)レスポールやSG、フライングVなど多くのギブソン系ギターに採用されている。

 

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器