1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ブリッジ (トレモロユニット)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ブリッジ (トレモロユニット)

トレモロユニットについて

トレモロアーム(ビブラートアーム)を上下させることによりハンド・ビブラート的な軽いものから爆音のような特殊音まで、様々な効果音を作り出せる。最もポピュラーなトレモロユニットといえば、ストラトキャスターに採用されているシンクロナイズド・トレモロだ。
フェンダーのムスタングに採用されているのダイナミック・トレモロはアーミングのタッチが非常に軽く、その名のとおりダイナミックなアーミングが楽しめる。ほかにはファイヤーバードに搭載されているショート・ヴァイブローラやデラックス・ヴァイブローラ、SGやグレッチなどに採用されているピグスビー・トレモロ、モズライトのヴィビブラミュートなどもある。トレモロアームを使うと、どうしてもチューニングが狂ってしまうが、それを解消するためフロイドローズをはじめとするロック式トレモロユニットが発明された。これはナット部とブリッジ部で弦をロック(固定)することで、チューニングの狂いの原因となる摩擦を最小限に抑えるというものだ。

 

*
↑シンクロナイズドトレモロ(フェンダー)
→ビグスビートレモロ(グレッチ)

*

 

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器