1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 サーキット(回路) (ボリュームとトーン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 サーキット(回路) (ボリュームとトーン)

ボリュームとトーン

エレキギターに使用されるボリューム、トーン・コントロールは「ポット」とも呼ばれる。ボリューム・ポットはボリューム・ノブを廻すことによって抵抗値が増し音量が下がっていくが、この変化(下がり方/カーブ)に「Aカーブ」「Bカーブ」など数タイプがある。一般的なハムバッキング・ピックアップには500KΩ、シングルコイル・ピックアップには250KΩ(オーム)という値のポットが使用されている。

また、コントロール類のレイアウトはピックアップの数やプレーヤー側の好みなどによって様々だが、1ピックアップ・タイプでは1ボリュームまたは1ボリューム/1トーン。2ピックアップ・タイプで1ボリューム/1トーン、1ボリューム/2トーン、2ボリューム/1トーン、2ボリューム/2トーン。 3ピックアップ・タイプでは、1ボリューム/2トーン、2ボリューム/1トーンなどが一般的だ。

*

2ピックアップ・タイプ(電流入力型)

電流入力でコントロールするタイプ。どちらのピックアップの可変抵抗器が「0」の位置にあっても、出力が出なくなることはない。最大にすると、電圧アッテネーション型の回路とまったく同じ状態になる。特性は、Bカーブの可変抵抗器を使ってもアンプの入力インピーダンスとの関係で、Aカーブの音量カーブを描く。出力インピーダンスは、可変抵抗器が「0」の位置にある時が一番低く、「10」にするとピックアップの内部抵抗まで下がる。静電気誘導を受けやすく、アンプ側のインピーダンスが、あまり高くなると不都合。

*

2ピックアップ・タイプ(電圧アッテネーション型)

一般的な接続法で、単一のピックアップだけを使い、出力を高インピーダンス入力のアンプで受けると、可変抵抗器のカーブに近い音量変化をする。弱点は、センターにスイッチをセットした時、どちらかの可変抵抗器が「0」の位置にあると、信号がグラウンドにすべて流れ、音が出なくなること。反面、可変抵抗器が最小の時は、出力インピーダンスが無限小になるために静電誘導の影響は少ない。電流入力型回路にしてもこの回路にしても、完全なミキシングはできず、互いのコントロールが干渉する欠点がある。

*

3ピックアップ・タイプ(ストラトキャスター)

ストラトキャスターに見られる、1ボリューム/2トーンの回路。2トーンといっても、ストラトキャスターの場合は、センター・ピックアップとリア・ピックアップのプリセット・トーンだ。ブリッジ側ピックアップには、トーン・コントロールが効かないようになっている。またストラトキャスターでは、本来、個別のピックアップを選択するはずのピックアップ・セレクターを、フロントとセンター、センターとリアのそれぞれの中間でストップさせることで、2つのピックアップを並列にする「ハーフ・トーン」という使い方ができる。

*

*

ボリュームには、ベーク基板面が開放となったタイプと、完全に密閉された通信機用の高級タイプがある。寿命や信頼性は通信型がよいが、多少高価で、軸にローレットが切ってあるものが少ないのは残念。

トーンはポットにコンデンサーを介しトーンのノブを廻すことによって高域をカットしていくが、ポット、コンデンサーの種類(材質)そして使用するコンデンサーの値(μF/マイクロファラド)などによって帯域、落とした時の音色などに違いがでる。

*

*

可変抵抗器にはA、B、Cの3型式がある。音量調節にはA型が使われており、トーン用にはB型が使われている。

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器