1. HOME > 
  2. ブルース進行の中でドミナントフレーズを活用する(連載第19回)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

心に残る印象的なプレイが自然と身につく 栗原 務の「メロディック・ギター・アプローチ」

心に残る印象的なプレイが自然と身につく 栗原務の「メロディック・ギター・アプローチ」連載19回目:「ブルース進行の中でドミナントフレーズを活用する」

様々な曲にコード進行や対して、メロディックで印象的なプレイができるようになるためのエッセンスをちりばめたレッスン講座です。「もっと心に残る印象的なプレイがしたい!」「スケールをなぞってるだけでフレーズが組み立てられない!」そんな要望に答えるべく、様々なアプローチのアイデアや練習方法、フレーズなどを毎回紹介していく予定です。

*

Lu7 official web-site: http://lu7.biz

CRYSTA web-site: http://crysta.jp

【ライタープロフィール】 栗原 務 ギタリスト/ライター。Lu7、EUROX、E.G.Q.といったバンドで活動する他に、多くのゲームミュージックを手掛ける音楽制作会社「CRYSTA」の代表取締役としての顔も持つ。また、ギターエフェクターの開発にも携わっている。

【連載企画目次】

連載1回目:
「ドリアンスケール / コードトーンを使ったフレージング1」
連載2回目:
「ドリアンスケール / コードトーンを使ったフレージング2」
連載3回目:
「アルペジオフレーズをレガートにプレイする」
連載4回目:
「インターバルを使ったメロディック・パターン」
連載5回目:
「マイナー・ペンタトニック・スケールなどを使ったブルージーなフレージング」
連載6回目:
「ダイアトニックなコード進行」
連載7回目:
「マイナーダイアトニックによるコード進行」
連載8回目:
「リディアンb7thスケール」
連載9回目:
「ホールトーンスケール」
連載10回目:
「コンビネーションオブディミニッシュスケール」
連載11回目:
「オルタードスケール」
連載12回目:
「スケール・コネクション(転調するコード進行)」
連載13回目:
「レガートなラインを印象的に聴かせるコツ」
連載14回目:
「クロマチックなライン」
連載15回目:
「変形ペンタトニックforミクソリディアンモード」
連載16回目:
「アボイドノート」
連載17回目:
「ハモリラインの作り方」
連載18回目:
「アーティキレーション/音の消え際にも気を使おう」
連載19回目:
「ブルース進行の中でドミナントフレーズを活用する」
最終回:
「ソロの構成について」

 マイナーペンタトニック一発でも演奏することができるブルース進行ですが、コード進行の流れを意識した音使いを加えることによって、さ らに印象深い演奏にすることが可能です。エチュードは、一般的によく演奏されるシンプルなAのブルース進行になっています。ここで注目してほしいのは、4小節目と12小節目。4小節目は、サブドミナントに向かうセカンダリードミナント、12小節目がトニックに解決するドミナントとなり、どちらもドミナントオルタードテンションを含んだドミナント系スケールの音使いによるフレージングもよくフィットします。

*

 

 エチュードでは、4小節目の3〜4拍目をAのコンビネーションオブディミニッシュ・スケール、12小節目の4拍目でEのオルタード・スケールから導きだされるEaugのアルペジオを使って演奏してみました。
また、サブドミナントに当たる5〜6小節目のD7の部分では、マイナーペンタトニックのGの音の代わりにF#の音(Dの3rd)を用いることによって、よりコードに沿ったフレージングにしています。



ダウンロード

・模範演奏

ドミナントを使ったフレージングです

Download

・オケトラック

オケトラックのみのバージョンです。練習に使ってみてください
 

※Back Track:梅垣ルナ

Download

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器