1. HOME > 
  2. THE STARBEMS/待望の2ndアルバム「VANISHING CITY」をリリース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

THE STARBEMS/待望の2ndアルバム「VANISHING CITY」をリリース!

THE STARBEMS動画インタビュー

 2ndシングル「ULTRA RENEGADES E.P.」リリースの際にもギターレーダーに登場してくれたパンクバンド「THE STARBEMS」。彼らが11月12日に待望の2ndアルバム「VANISHING CITY」をリリースする。今作にはライブで披露し、特にレスポンスの高かった曲を収録しているとのこと。日高 央(ボーカル)いわく、「ラウドさもポップさも倍増」したアルバムに仕上がっているそうだ。また、ジャケ写に2Dであったお馴染みのキャラクター「ギデオン星獣」も進化して3Dへ。曲とジャケ写の両面で前作よりも格段にパワーアップしている。ここでは、前回同様バンドの中心人物である日高とギタリストの越川和麿に登場してもらい、アルバムの聴きどころを中心に聞いてみた。それでは早速動画インタビューをご覧ください。


■インタビュー動画

 インタビューでもコメントされているように、「VANISHING CITY」には2ndシングルから「Let Light Shine」と「Pitfalls」を再録している。これらの楽曲はもともとアメリカでレコーディングされた曲だが、本人の要望で再度日本で録り直したのだとか。このことについて越川は「アメリカで録音した作品もそれはそれでいいのだけれど、言葉や環境の違い、機材なども限られていたので、録り直させてほしいと言った」と語っている。ちなみに、アンプはアメリカではPEAVEYやMarshall「JCM900」、日本ではORANGE「Rockerverb 100」を使用。

なお、メンバーの後藤裕亮(ギター)は普段からアンプにRoland「JC-120」を使用し、エフェクトにはDigitech「Whammy」を駆使しているとのこと。越川とは対照的にシンプルなアンプ構成でエフェクトに凝っているのがポイントだ。

インタビューでは、「THE STARBEMS」の楽曲をライブでコピーする上でのアドバイスも頂いた。ボーカルの日高さんからは「後藤パートは鍵盤を入れたり、リードギターが担当しても構わない。必ずしもギターが3人いなければならないわけではない」、越川さんからは「決してテクニカルなことはしていない。ライブでいかに楽しませるか。ギター3人でやるのであれば音色/音質など上手くバランスを取ると良い」とコメントをもらった。その他にも、動画では有意義なコメントを数多く収録しているので、パンクキッズたちは是非最後まで見てほしい。

※ページ下部には11月28日から行なわれる東名阪ツアーのスケジュールを掲載している。「VANISHING CITY」をゲットして、彼らの魅力あるライブに参加してほしい。


■アルバム収録曲「Vanishing City」MV Full

2014.11.12 ON SALE!!

NEW Album 「VANISHING CITY」

Vanishing Cityジャケ写

¥2,778(税込)/TKCA-74158

【収録曲】

1.Working Youths
2.Sublime
3.Let Lights Shine
4.Vanishing City
5.The Midnight Sun
6.Pitfalls
7.Sweet Nothing Blues
8.Dinosaur Boy
9.Vengeance Sea
10.Everybody Needs Somebody
11.Burning Heart
12.Pig Ministry
13.Evening Star / Morning Star

 
PROFILE = THE STARBEMS(ザ・スターベムズ)

ALSDEADアー写

2012年12月、日高 央を中心に結成。 2010年9月のBEAT CRUSADERS散開後、数々のプロジェクトと平行してソロ活動を始動した日高が、同年12月の年越しイベントから、現在も続くSPC(LIVE P.A.チーム)提唱の〈東北ライブハウス大作戦〉に協力しながら構想を練り、日本各地でライブ活動を通しての精力的な支援と共に、数々のミュージシャンとセッションを重ねながらサウンドを構築。 2012年9月に現在のメンバー編成となり、パワーPOPなメロディ+メロディックPUNKの性急感、更にハードコアなアレンジとアティチュードを武器に活動開始。 2013年にシングル『FUTURE PRIMITIVE E.P.』と、1stアルバム『SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD』をリリース。2014年6月には初のアメリカレコーディングとなる2ndシングル『ULTRA RENEGADES E.P.』をリリースした。Ba寺尾順平がROCK IN JAPAN FES.2014のライブをもって脱退。しかしバンドとして全く止まることなくその後のライブはサポートメンバーをいれて活動。 全国ライブハウスから大型フェスまで、至る所で熱狂を生み出すPUNKバンドとして急成長。



【LIVE情報】

「VANISHING CITY TOUR 2014」

・日程:11月28日(金)
・会場:大阪 梅田Shangri-La
・開場:18:30/開演 19:00
・ゲスト:TBA
・チケット:¥3,100(※ドリンク代別)


・日程:11月29日(土)
・会場:名古屋 池下CLUB UPSET
・開場:18:00/開演 18:30
・ゲスト:TBA
・チケット:¥3,100(※ドリンク代別)


・日程:12月10日(水)
・会場:東京 渋谷TSUTAYA O-WEST
・開場:18:30/開演 19:00
・ゲスト:TBA
・チケット:¥3,100(※ドリンク代別途)


※詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください




Official Website
Official Twitter(@THESTARBEMS)
日高 央 Twitter(@hidakatoru)
越川 和磨 Twitter(@koshikawakazuma)

 

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器