1. HOME > 
  2. ギターレーダー工房/工場見学ツアー「KEYSTONE STRINGED INSTRUMENTS」編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

ギターレーダー工房/工場見学ツアー「KEYSTONE STRINGED INSTRUMENTS」編

編集部が制作現場に潜入!ギターレーダー工房 / 工場見学ツアー!第1回:KEYSTON STRINGED INSTRUMENTS

*
*

国内・海外の素晴らしいギター/職人さんとの出会いを求め、編集部自らビデオカメラを持って巡る特別企画「ギターレーダー工房/工場見学ツアー」。記念すべき第1回目は、東京都小平市に拠点を置く若きギター職人「西 恵介」さんをご紹介しよう。西さんの作るギターは「3Dカッタウェイ」と称する、3次元に曲線を描くギターのシェイプ(カッタウェイ)に最大の特徴がある。普段、カメラが入ることはほとんどないという、西さんの秘密の工房に潜入だ! 取材:編集部

*

KEYSTONE STRINGED INSTRUMENTSの特徴 「3Dカッタウェイ」

* *

通常のカッタウェイは、ネックとボディのつなぎ目のあたりが垂直なのに対し、西さんの作るカッタウェイはヒールの形状に合わせて曲げてあるのがポイント。これによって、ハイポジションのフレーズが弾きやすくなっているのだ。デザインとプレイヤビリティの両方を兼ね備えた、まさに匠のわざと言えるだろう。

* *
* *

西さんが利用する材はブラジル産や国産など様々。基本的にはお客さんとの打ち合わせで決めていくことになる。左右対称になるようにブックマッチ(2枚に割く)された材は、その後「スクレーパー」と呼ばれる特殊なカンナで削られ、板の厚みが調整されていく。

* *
* *

サイド板は「ヒートベンディングアイロン」と呼ばれる特殊なアイロン(熱)でゆっくりと曲げられ、「モールド」と呼ばれるカタで形成を整えていく。その後、サイドには「ライニング」と呼ばれる “のりしろ” をつけるのだが、この際に使用している洗濯バサミのようなものは、実際には洗濯バサミではなく、ギター作り専用の留め具なのだとか。

* *
* *

サイドのライニングが接着された後、モールドにバック、トップ材をはりつけていくとようやくギターの外観ができあがってくる。ここで、接着部分により強度を持たせるために「バインディング(細い板でトップとサイドなどを補強する)」が施される。西さんいわく「バインディングは補強とデザインの両方を兼ねている重要な作業」とのこと。なお、場合によっては写真のようにバインディングに「スクープトアウェイ(部分的に板を削り取る)」を施すケースもある。インレイに関しては、簡単なものは自分で行うが、複雑なものは専門のデザイナーにお願いするのだとか(※写真のインレイは、西さんの古くからの知り合い「小川インレイクラフト」によるもの)。

* *
* *

ネックをつけてフレット打ちをすると、ギター作りは塗装へと進んでいく。西さんの場合、通常のラッカー以外に「ウッドフィーラー」を利用して木材にある「導管」のでこぼこを埋めているのだとか。その後、サンディングシーラーも利用しながら磨きとラッカーの吹き付けを数週間かけて行なっていく。ブリッジのはりつけ、ナット、サドル、チューナーなどの組み込みを行ない、最終的に弦の調整をして完成となる。

※上記の手順はあくまでも西さんの大まかなギター製作の流れです。
西さんのギターに興味を持たれた方は、下記のドルフィンギターズにお問い合わせください。

*

【お問い合わせ】

ドルフィンギターズ 東京 恵比寿店
営業時間11:00〜20:00
毎週火曜日定休
TEL:03-6415-3580
Eメール:ebisu@dolphin-gt.co.jp

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器