1. HOME > 
  2. 高田 漣インタビュー/父 高田 渡へのトリビュートアルバム『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』をリリース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

高田 漣インタビュー/父 高田 渡へのトリビュートアルバム『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』をリリース!

高田 漣インタビュー/父 高田 渡へのトリビュートアルバム『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』をリリース!

 マルチ弦楽器奏者の高田 漣が4月15日にNEWアルバム『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』をリリースをする。本作は日本を代表するフォークシンガーの高田 渡氏(実の父親)の没後10年を記念したトリビュートアルバムだ。今回、高田さんには親子2代に渡って弾き続けているギターについて紹介してもらった他、スライドギターの極意を解説していただいている。フォークやブルースを愛するオールドファンだけでなく、アコースティックギターをプレイする人にも必見の動画インタビューだ。

■インタビュー動画



 冒頭ではまず、使用ギターについて紹介してもらった。こちらのギターは父である渡氏が晩年まで長らく愛用していたというYAMAHA製のアコースティックギター(1974年製)。指板に<W.TAKADA>と記されているのが特徴だ。大変貴重なギターで、「今、自分が弾いているというのは凄く感慨深い」と高田さんはコメント。1弦の下あたりのボディが減っており、これは父の“高田 渡奏法”の秘訣の1つを示した跡で、ボディに指を添えて2フィンガーで弾いていたことがわかるそうだ。
 次に本作をレコーディングするにあたり、どのように当時のギターサウンドを再現したのかを聞いてみた。すると「サムピックだけではなく、フィンガーピッキングも駆使した」というコメントが返ってきた。これによりサムピックのような低音部の硬さがなくなり、よりリズミックなサウンドを奏でられ、「(音に)コントラストを出せた」と言う。
 続いて、高田さんの魅力の1つであるスライドギターの極意についても解説していただいた。今回はボトルネックを使った奏法ではなく、スティールギターを寝かせた「スティール奏法」を採用したそうだ。これは高田さんが渡氏と共演していた際に使っていたことはもちろん、昔のフォーク/ブルースでは重要な奏法として用いられ、演奏する時のポイントは“バーの位置関係”で「自分の目ではなく、耳を信じる」ことが重要だという。また、バーをおさえている指で不要な音をミュートさせることも大事な点だとか。他にも、特別に「スラント」というテクニックも披露したいただいた。これはバーを斜めにして弾く奏法で、押弦のようなハーモニーを奏でられる。映像では真横からの視点で撮影されているので要チェックだ。
 最後に今後のスケジュールについて聞いてみたところ、アルバムリリース日を皮切りに、全国でトリビュートライブを開催するそうだ。ページ下部に日程を掲載しているので是非チェックしてみてほしい。

 

2015.04.15 ON SALE

NEW ALBUM 『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』


「コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜」ジャケ写

CD:KICS-3178/キングレコード
¥2,778(+税)

【収録曲】

01.仕事さがし
02.自転車にのって
03.フィッシング・オン・サンデー
04.ヴァーボン・ストリート・ブルース
05.コーヒーブルース
06.銭がなけりゃ
07.ひまわり
08.系図
09.ブラザー軒
10.生活の柄
11.雨の日
12.私の青空
13.ホントはみんな
14.おなじみの短い手紙
15.くつが一足あったなら

 
PROFILE = 高田 漣
高田 漣アー写

1973 年、日本を代表するフォークシンガー・高田 渡の長男として生まれる。
少年時代はサッカーに熱中し、14歳からギターを始める。17歳で、父親の旧友でもあるシンガーソングライター・西岡恭蔵のアルバムでセッション・デビューを果たす。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者として、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、星野源、等のレコーディングやライブで活躍中。ソロ・アーティストとしても今までに5枚のアルバムをリリース。2007 年、ヱビス<ザ・ホップ>、プリングルズのTVCM に出演。同年夏、高橋幸宏の新バンド構想の呼びかけにより、原田知世、高野寛、高田漣、堀江博久、権藤知彦の計6人で「pupa」結成。2013 年、映画「横道世之介」(原作:吉田修一、主演:高良健吾・吉高由里子、監督・脚本:沖田修一)、「箱入り息子の恋」(監督・脚本:市井昌秀、主演:星野源・夏帆)、4月から5月にかけて東京・大阪・名古屋・北九州の4都市で開催されるシティボーイズの新作公演〜シティボーイズミックス PRESENTS『西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』の音楽を担当。2013年6月には豪華ゲスト陣が参加した約6年ぶりの新作アルバム「アンサンブル」をリリース。



【LIVE情報】

高田渡トリビュートライブ“ Just Folks ”


■4/15(水)岐阜・ワタルカフェ※SOLD OUT
開場18:00/開演19:00
■4/16(木)京都・磔磔
開場18:30/開演19:00
■4/18(土)東京・グローブ座
開場16:30/開演17:00
■5/17(日)福岡・LIV LABO.
開場17:00/開演17:30
■6/10(水)広島・SHAMROCK
開場18:00/開演18:30
■6/15(月)名古屋・TOKUZO
開場18:30/開演19:30
■6/17(水)浜松・ESQUERITA68
開場18:00/開演19:00
■6/25(木)長野・ネオンホール
開場19:00/開演19:30
■6/26(金)金沢・もっきりや
開場19:30/開演20:00


※詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください




オフィシャルHP
Twitter(@rentakada)
Facebook
 

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器