1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ネック@ (主なネック材/ネックのグリップ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ネック@ (主なネック材/ネックのグリップ)

主なネック材について

ネックは演奏性に直接影響してくる重要な箇所だ。サウンドがいくらよくても、ネックが手にフィットしなかったり、ネックが反っていたりしたらプレイどころではない。ネックには十分に時間をかけてできる限り自分に合った物を選びたい。
 ネックに使用される代表的な材としてはメイプル、マホガニーが挙げられる。一般的にレスポールをはじめとするギブソン系ギターではマホガニーが使用されており、ストラトキャスターをはじめとするフェンダー系ギターにはメイプルが使われてることが多い。また、構造としては、1本の木材を削り出して作られているタイプ(ワンピース)と、ネックの強度を高めるために複数の木材を張り合わせて作られているタイプ(3枚の木材なら3ピースなどと呼ばれる)がある。

ネックの構造について

ネックはその構造により2つのタイプに大別できる。ひとつはフィンガーボード(指板)とネックを1本の木から丸ごと作り出すワンピース・ネック、もうひとつはネック材の上に指板(フィンガーボード)を貼ってあるタイプのネックだ。ワンピース・ネックはフェンダー社が考案し、エスクワイヤー(テレキャスターの前身)で使ったのが始まり。一方のフィンガーボード(貼り合せ)タイプは、ネックに別の指板材を貼っているタイプで、一般的な弦楽器に多く、現在のギターの大半がこのタイプだ。

*
*

ネックのグリップ

*

ネックの握り(グリップ)には代表的なものとしては次の3種類がある。aはレスポールに代表されるタイプで、握り(ネックの厚み)が太くネックの幅自体も広い。bは握りは細めでカーブが強くなっている。ストラトキャスターやテレキャスターがこのタイプだ。cは俗に三角ネックと呼ばれているもので、オールドのストラトキャスターがこのタイプ。カーブはかなりきつく、握りはほとんど三角形に近い。 一般論からいうと、aタイプはリードワーク向き、b、cタイプはコードワーク向きのネックだ。しかし、プレイする人間の手の大きさや握り方のくせもあるので、一概にはいえない。ただネックにはこういった幾つかのタイプがあり、自分にはどのタイプが一番フィットするのかを知っておくべきだ。また非対称ネックと呼ばれるものも存在する。これは、1弦側と6弦側で、カーブの強さを変えて、握りやすく弾きやすくしようというものだ(ミュージックマンなど)。
 

次のページ(ネックA)に進む>>

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器