1. HOME > 
  2. 【エフェクター】 ゆらし系 (フェイザー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【エフェクター】 ゆらし系 (フェイザー)

*

フェイザーの代表モデル
MXR「 Phase90」

フェイザー(フェイズシフター)は、元々はオルガンのロータリースピーカーのようなサウンドを再現するために作られたエフェクターだ。エフェクター名は、phase(位相)を shift(変える)させるというところから付いたようで、そよ風のような爽やかなサウンドからクセのあるサウンドまで作り出すことができる(原音に位相をずらした信号をミックスしたときに起こる波形の干渉を利用している)。

フェイザーを使ったギターサウンドの王道ともいえるのが、単音ミュートバッキングにおける “ポコポコ” サウンドだ。こもりがちなミュートバッキングだが、フェイザーで癖を付けることによって、パーカッシヴでファンキーなサウンドを演出することができる。もちろん、カッティングやアルペジオにもよく似合うし、ディストーションと組み合わせたサウンドも面白い。

ゆらし系エフェクターのツマミ

ゆらし系(モジュレーション系)エフェクターには、ほぼ共通してRATEとDEPTH、MIXというツマミが用意されている。RATEというのはモジュレーションの速度、DEPTHは深さで、MIXはダイレクト音とエフェクト音のバランスをコントロールするものだ(フランジャーとフェイザーは、これらに加えてFEEDBACKというツマミが装備される)。これらのコントロールを使用する際の注意点としては、コーラスの場合、あまりDEPTHを上げすぎるとピッチが不安定になって音痴に聴こえる点だろう。また、フランジャーの場合は、フィードバックを上げていくと発信を起こしてしまうこともある。アンプなど他の機材をいためてしまう可能性もあるのでFEEDBACKの上げ過ぎには注意しよう。

 

次のページ(イコライザー)に進む>>

*

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器