1. HOME > 
  2. 【モデルごとの各部解説】 アコースティックギター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【モデルごとの各部解説】 アコースティックギター

*
ヘッド
調弦をするためのペグが取り付けられている部分。ヘッドに割れが生じるとサスティーン(音の伸び)を欠いたり、音に微妙な変化をもたらすことになる。
ペグ(糸巻き/マシンヘッド)
弦の張りを調整し、チューニングを行なう際に操作する部分。ペグがしっかりしていないと正しい音程は得られない。ペグの取り付けビスやナット、ワッシャーのガタつきもチェックし、必要であれば締め込んでおく。ロトマチックタイプのペグにはトルク調整ネジがついているので、適度に締め込もう。
ナット
ナットの溝切りの上手・下手によって弾きやすくなったり弾きにくくなったりする。溝が浅いと演奏中に弦がはずれ可能性が増し、逆に溝が深すぎるとローフレットでビビリが発生する。また溝が広すぎるとナットでビビる。
指板(フィンガーボード)
ネックの上に貼られた板。フレットが取り付けられている。一般的に激しい運指に耐えるよう、硬い材質のローズウッド/メイプル/エボニーなどが使われている。
ネック
ヘッドとボディの間にあり、指板と弦の張りを支える部分。ネックの断面形状には三角型やカマボコ型などがある。演奏性に大きく関わってくる。
フレット
指板を半音ごとの区切っている金属製のライン。正確な音程を用意に求めるためのもの。フレットの高さや幅は多様。フレットの山が高すぎると、指先に力が加わった時、音がシャープしてしまい、山の幅が広すぎると音程が悪くなる。ある音でビビリが出る原因の多くは次のフレットが高めになっていて弦が触れてしまっている場合だ。
トップ材
そのギターの音を決めてしまうほど大切な部分で、ギターの「心臓」ともいわれる。ブリッジから伝わってくる弦の振動を強める役割をもっている。トップ板の裏側には補強と音質をコントロールする役割のブレイシング(力木)が組まれている。
ポジションマーク
指板に打たれたフレットのポジションを示すマーク。ふつう3,5,7,9,12,15,17フレットに埋め込まれており、材質にはプラスチック、貝(白蝶貝、アバロン貝)などが使われる。
バインディング
ヘッド、ボディ、ネックの縁につけられた装飾。一般的にはプラスチック(セル)が用いられるが、高級ギターでは木材や貝を使用したり、塗装の塗り分けによってバインディング風に見立てることもある。
ブリッジ・ピン
弦を押さえるピン。エレキギターでいうテールピースの役割を受け持つパーツ。
ピックガード
サウンドホール下部のトップに取り付けられている。ピックガードが厚すぎると音にミュートがかかる。
ブリッジ
ブリッジ・ピン、サドルが取り付けられている木製の台座の部分。ローズウッドやエボニーなど、硬めの木材が使用される。
サドル
ブリッジの上にあって弦を支えている。材質は牛骨やプラスチックが一般的。ガタをなくし弦の高低のバランスをとる。サドルの頂点の山を削って音程の微調整を行なうこともできる。高さを調整できるタイプのものも存在する。
エンド・ピン
ストラップを引っ掛ける役割を持ち、ストラップ・ピンとも呼ばれる.エレアコの場合ジャック一体型のものも多い。

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器