1. HOME > 
  2. 【一般的な各部の名称】 ペグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Special Contents

Regular Contents

【一般的な各部の名称】 ペグ

ペグについて

アソビが少なく滑らかに動き、狂いが少ないものを選ぼう

ギターに弦を張る際に大きく関わってくるパーツ、それがペグだ。チューニングに大きな影響を与えるペグは少しのガタやユルミにも注意しなくてはならない。大きく分けるとペグにはクルーソン・タイプロトマチック・タイプの2種類がある。クルーソンタイプはシンプルな構造とそれゆえのコストパフォーマンスが特徴で、一方後者はペグのトルク調節できることと、ハウジングが密閉されていることによる高い耐久性が特徴だ。一般的にロトマチック・タイプの方が、クルーソン・タイプのものに比べて重量が重く、そのためにサスティーンもロトマチック・タイプの方がやや優れていると言われている。

*

クルーソン・タイプのペグ

ロトマチック・タイプのようにトルクの調節はできないが、重量はこちらの方が軽く、コストも安い。
金属カバーの部分にはグリス注入用の穴があり、ギアが硬くなった場合にはここから油を差してメンテナンスも可能だ。
しかしロトマチック・タイプに比べるとゴミが入りやすいので注意が必要。ヘッドの裏からビスで止めるのが取り付けるのが一般的だ。

*

ロトマチック・タイプ(グローバー・タイプ)

*

ロトマチック・タイプ(シャーラー・タイプ)

ロトマチック・タイプのペグは、完全密閉されているので、クルーソン・タイプのようにゴミやホコリが入り込む心配はない。さらにノブを取り付けてあるネジを回すことによって、トルクを調節できるので便利だ。ロトマチック・タイプにはグローバー・タイプシャーラータイプがある(グローバーおよびシャーラーはいずれもメーカ名)。グローバー・タイプは3個ずつ左右対称となっているモデルで、レスポール・タイプやアコースティックギターによく使われるが、シャーラー・タイプにはストラト・タイプの小さいペグもある。取り付けは裏からのネジと表からのボルトを締めて行なう。
また近年ではシュパーゼル・ロッキングペグGOTOH・マグナムロックなど、ペグポスト部分で弦をロックするタイプのものも開発されている。シュパーゼルは裏のネジをまわすことで、マグナムロックはペグを回すことでペグポスト内部のシャフトがせり上がり、弦をロックする。ロックタイプでは弦の巻き数も少なくて済み、チューニングの安定性も向上するため非常に便利だ。

*

ペグは消耗品であり、狂いが出始めたら即交換したほうがいい。プロ・ギタリスト達もチューニングの要であるペグには、相当気をつかっているようで、ギターを買った時点で高級ペグに付け換える人も多い。しかし、ペグを交換することによって、ギター全体のバランスが変わり、サウンドに影響を与えることもあるので注意が必要だ。ペグはよく動かす部分なので、こまめにメンテナンスをしう。ツマミのゆるみや取り付けネジのゆるみなどもチェックしよう。

楽・器・見・栄・講・座

 ペグはガタツキのないものを選ぼう。ガタツキをチェックする際にはペグがスムーズに回転するかどうか、そして弦を巻くポスト部分に遊びがないかどうかを確認しよう。ギターの音程を決める重要なパーツなので、しっかりと見極めて購入したい。
 取り付けも重要だ。ペグ自体にトラブルがなくても、取り付け部の木材部分がフラットでなかったり、穴が大きすぎたり、指定のネジを使わず、あまりにも短いネジや細いネジを使うことは絶対に避けたい。せっかく高価で性能の良いペグを購入しても、すべてが台なしになってしまう。そして、ぶつけたりして、ガタがきたペグは念のため、トルク調整が付いているタイプではドライバーで締めてみよう。意外にトルク調整で直ることもある。
 特に強くぶつけたりしない限り、ギア部分の変形は少ない。それより木材の部分のネジ穴がバカになることがある。これを直すには、エポキシ樹脂で埋めて乾かしておいてからネジ止めするとか、ツマヨウジなどで埋め木をしてからネジ込むなどの方法が知られている。また回転方向の角度と弦の張りの関係では15°位の反応のズレがある。これはパックラッシュといって、これがなければギアが動かないのだ。



次のページ(ナット)に進む>>

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器