1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. 【動画付きイベントレポート】「Axe-Fx II 増崎流解説クリニック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

ミュージックランドKEY渋谷店にてギタリスト増崎孝司氏を迎えたイベント「Axe-Fx II 増崎流解説クリニック」 が開催された(開催日:9月29日)。このイベントはリアルなアンプサウンドとハイクオリティなエフェクトで圧倒的支持を集めるギターマルチプロセッサーFractal Audio Systems「Axe-Fx II」をフィーチャーしたもの。増ア氏が所有する実機を用いた実演を交えながら、サウンドメイクのコツが解説された。名ギタリストが現場で使用する機材の紹介をするということで、会場は立ち見が出るほどの大盛況。来場者は増ア氏の一挙手一投足を一瞬たりとも見逃すまいと食い入るように話を聞いていた。そんなイベントの様子を今回は合計40分を超える大ボリューム動画を皆さんにお届けしよう。エフェクトのかけ方や音の出力についてなど、ライブ/レコーディングで実践できそうな話が満載なので、隅々まで見て研究していただきたい!













 
■プロフィール
80年代中期にプロとして活動を始め、これまでに数多くのアーティストのライブサポートやレコーディングに参加する。1991年「Speaks」、翌年「Escape」のソロアルバム発表。1992年にDIMENSION結成。以降リーダーをつとめる。個性ある音作りと柔軟なギターワークには定評があり、スティーブルカサー(TOTO)やラリー・カールトンとも親交を深めている。2003年にはギタリスト矢堀孝一氏とのコラボレイトアルバム『月』をリリース。2005年はB'z松本孝弘のレーベル「House Of Strings」より発売された、映画音楽をギターミュージックで綴ったAL「Theatre Of Strings」に参加。老若男女、ジャンルを問わず幅広いギタープレイをスタイルに持つ。最近は「かとうあすか」などの若手Jazzシンガーのサウンドプロデュースも手掛ける。
 





■搭載アンプ/エフェクター(一部)

▼アンプタイプ
・Fender:Twin Reverb、Bassman、Vibroverb、Blues Jr.
・VOX:AC-30、AC-15
・Marshall:1987X、1959、JCM800、JCM800 Mod、AFD100
・Mesa Boogie:Mark II、Mark IIC、MKIV、Dual Rectifier、Triaxis
・Bogner:Ecstasy、Shiva、Uberschall
・Peavey:5150、6505+
・CAE:3+(ch1.2.3)
・Friedman、Soldano、Dumble、etc...

▼エフェクター
・Drive:ProCo Rat, Big Muff、BOSS OD、Ibanez TS808、TS808 Mod、Fulltone Fulldrive、Fuzz

Face、Xotic BB Preamp、Xotic AC/RC Booster、Marshall Blues Breaker etc...
・Delay:Digital、Analog、Vintage、2290 w/mod、Rreverse, Ducking、Ping-Pong etc...
・Pitch Shifter:Detune、Fixed Harmony、Octave Divider、Intelligent Harmony、Whammy etc...
・Chorus、Tremolo、Flanger、etc...



 
ツアー情報はDIMENSIONオフィシャルサイトまで







「Axe-Fx II」製品情報詳細オカダインターナショナル
増崎孝司公式Twitter
ミュージックランドKEY

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器