1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. 超小型ギターアンプヘッド、ORANGE「Micro Terror」を直撃インタビュー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

7月に発売されたオレンジのギターアンプヘッド「Micro Terror」を、国内輸入代理店であるモリダイラ楽器の鈴木氏に解説してもらった。

鈴木氏によれば「『Micro Terror』は手のひらサイズの軽量小型ギターアンプヘッドです。プリアンプ部に12AX7A真空管を、パワーアンプ部にはソリッドステート回路を採用し20Wの出力を確保しています。ボリューム、ゲイン、トーンのみのシンプルなコントロールながら音色の幅も広く、使い勝手も良く設計されています。またAUX INにMP3プレーヤーを接続して一緒に音を出すことも可能。8インチスピーカーを1発搭載した専用設計のキャビネット『PPC108』と組み合わせて使用すればよりベストなサウンドを演出できます」とのこと。

それでは、動画による解説をご覧ください!







「Micro Terror」の主なスペック
    
コントロール:Gain、Tone、Volume
出力パワー:ソリッドステート・パワーアンプ:出力20W
入力:ギター入力x1、AUX入力x1
出力:スピーカー出力 4Ωx1、ヘッドフォン出力
使用チューブ:12AX7A(ECC83)
電源:専用ACアダプター
外形:16.5x13.5x9.2cm(WxHxD)
重量:0.85kg
価格:¥18,900(税込)












「Micro Terror」のコントロールパネル。左からON/OFFスイッチ、HEADPHONE OUT、AUX IN、VOLUME、TONE、GAIN、INPUTと非常にシンプルにまとめられている。AUX INにポータブルプレーヤーやCDを接続すれば再生される音楽に合わせてギターの演奏も行なえる。




重量わずか0.85kgと従来のヘッドアンプの常識を覆すほどの超軽量設計になっており、サイズも写真のように手のひらに乗るぐらいコンパクトだ。ちなみに高さもスマートフォンほどである。



(左)「Micro Terror」には8インチスピーカーを1発搭載したベストマッチングなキャビネット「PPC108」が用意されている(別売り/¥12,600)。「PPC108」にはアンプからの入力端子のほかスピーカーへの出力端子も装備されており、3段積みも可能。



以前からオレンジブランドでは「Tiny Terror」をはじめとするコンパクトモデルが生産されていたが、今回リリースされた「Micro Terror」はそのさらに上をいく小型設計のアンプだ。重量が0.85kg、一番大きい辺でも16.5cmなのである! このサイズ感は実際に楽器店店頭で商品を見てもらうと一番わかりやすいだろう。
しかし音の方はというと見た目からは想像できない非常にパワフルな印象を受けた。今回は「Micro Terror」に最適化されたキャビネット「PPC108」のほか、4発のスピーカーを搭載したフルサイズのキャビネットでも鳴らしてもらったが、スタジオでのリハーサルはもちろん、ライブでの使用にも十分対応可能なサウンドクオリティであると感じた。



*




製品情報詳細モリダイラ楽器

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器