1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. アコースティックギター、Morris「M-103」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

アコースティックギター、Morris「M-103」

  • 2012/07/10
  • メーカー直撃

フィンガーピッキングに適したドレッドノート・スタイルのアコギがモーリスから登場!

モーリスからアコギの新製品「M-103」が発売された。今回は、このモデルをモリダイラ楽器の鈴木氏に突撃取材し、その魅力を語ってもらった!「このM-103は、ドレッドノート・スタイルのボディ形状なのですが、モーリスのハンドメイドギター「Sシリーズ」の特徴や技術を盛り込んで、フィンガーピッキング・スタイルの奏法にも最適なギターに仕上げているという点です。最大の特徴は、通常モーリスでは通常43mmのナット幅を採用しているのですが、M-103は1mm幅の広い44mm幅のナットを採用することで、アルペジオやタッピングなどのトリッキーなプレイをする際に弾きやすい構造となっています。使用している木材は、トップに単板のシトカスプルース、サイド/バックには厳選した単板のローズウッドを採用しており、ボディ周囲のバインディングやポジションマークにコア材を使用し、全体的にウッディなイメージで仕上げています」。





 

■製品の主なスペック

ボディスタイル:ドレッドノート
カッタウェイ: なし
トップ:アメリカンスプルース単板
トップブレイシング:X
サイド/バック:ローズウッド単板/ローズウッド単板
バックブレイシング:X
指板:エボニー
指板幅(ナット部):44.0mm
ネック材:マホガニー
ヘッドインレイ:なし
ペグ:GOTOH/SG381-20GG
ポジションマーク:ドット(KOA)
弦長:652mm
出荷時標準弦:GHS/LJ-30L
ナット材:TUSQ
サドル材:TUSQ
フォークピン:TUSQ
ブリッジ:エボニー
フィニッシュ/カラー:グロス/NAT(ナチュラル)
ケース:ハードケース
価格:オープンプライス

 

 

















 

ネックやボディのバインディング、ポジションマークだけでなく、ヘッドのブランドロゴにもコア材を使用しており、ウッディなイメージを演出している。ペグはGOTOH製「SG381-20GG」を採用、高いチューニング精度と耐久性を確保している。


(左)トップには厳選された単板のシトカスプルースが使われている。ピックガードは工場出荷時には取り付けられていないが、クリアタイプのピックガードが付属され後から取り付けることが可能となっている。また、サウンドホール内のラベルには最終検品者の名前が入れられている。
(右)しっかりとした作りのハードケースが付属しているので持ち運びや保管の際にも心配がない。



シャリーンと鳴る高音と、まとまりのある低音が印象的なギターだった。通常ドレッドノート・スタイルのギターでは低音が響き過ぎてしまい、レコーディングなどではあえて低音をカットしてしまうことがあるのだが、このギターにおいては6弦の暴れるような音もなく、非常に扱いやすい印象だった。これはブレイシングの工夫による点も大きいのだろう。また、このモデルは通常のモーリスのギターよりも1mm広い44mmナット幅が採用されており、実際持ってみるとその違いが非常に顕著に感じられた。指が太い人や複雑なフィンガリングを多用するプレイヤーにはオススメだと思う。

 






製品情報詳細モリダイラ楽器

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器