1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. コンパクトエフェクター、Blackstar「HT-METAL」を直撃インタビュー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

コンパクトエフェクター、Blackstar「HT-METAL」を直撃インタビュー!

  • 2012/07/10
  • メーカー直撃

アンプメーカーが作り出したウルトラ・ハイゲイン・ディストーションペダル

英国のギターアンプメーカー「ブラックスター」から、メタルファン待望のウルトラ・ハイゲイン・ディストーションペダル「HT-METAL」が発売された。そこで、ブラックスターの国内代理店である神田商会の高木氏に、この「HT-METAL」の特徴と魅力を徹底紹介してもらった。「HT-METALの大きな特徴は、チャンネル1とチャンネル2の2つのゲインを装備した2チャンネル仕様になっている点で、ゲイン1のコントロールには、クランチまでカバーできる「クリーン」と激しいディストーションまでカバーする「オーバードライブ」の切り替えスイッチを装備しています。トーン・コントロールは、トレブル、ミドル、ベースの3トーン・コントロールで、その右となりにブラックスター社の特許である「ISFコントロール」を搭載しています。このコントロールは、右に回すと箱鳴りをイメージしたブリティッシュサウンドに、左に回すとカラッとしたアメリカンサウンドに、といった具合にトーンキャラクターを簡単に作り出すことができるのです。また、通常のアウトプットは別に、アンプをシミュレートした回路を通った音を出力できるエミュレーターアウトを装備し、自宅録音や音楽制作にも便利なモデルとなっています。さらに、内部に300Vの高電圧バルブ回路を搭載し、本格的な真空管アンプのレスポンスが得られるのが魅力です」。















 ■製品の主なスペック


・純正バルブ設計
・300Vの高電圧動作
・カスケード接続した真空管ゲインステージ
・METALならではの過激なゲインとトーン
・まさにバルブアンプのような反応
・2チャンネル(3モード)操作
・クリーン、オーバードライブ(ch1)とスーパーハイゲイン・リード(ch2)モード
・機能的なスイッチング動作
・3バンド・トーンコントロール
・特許のISFコントロール装備
・スピーカー・エミュレート出力装備
・バッファードバイパス採用
・専用22V DCパワーサプライ付属
・サイレントスイッチング
・160x119x80(mm)/1.3kg
・¥35,700(税込)

(左)「HT-METAL」のコントロール部。GAIN(1&2)/TREBLE/MIDDLE/BASS/ISF/VOLUME(1&2)の合計8個のノブがついている。トルク感がしっかりしており、操作しやすい。
(右)「HT-METAL」の心臓部となる真空管。ファットでスムーズな歪みサウンドの核となる重要な部分だ。

(左)「HT-METAL」には出力端子が2系統装備されており、通常のOUTPUTに加え、スピーカーをシミュレートしたEMULATED OUTも搭載しているのでラインでも迫力のサウンドで録音できる。
(右)フットスイッチ部はラッチ式ではなくFETタイプのものが使われており、軽い踏み心地が特徴。







今回取り上げた「HT-METAL」を一言で表現するならば、「アンプメーカーであるBlackstarの技術をそのままコンパクトなペダルサイズに凝縮した製品」と言えるだろう。その理由は、幅広いサウンドメイクを可能とする「ISF」コントロールやレコーディングの際に重宝する「EMULATED OUT」など、同社のアンプに採用された機能がいくつも用いられているからだ。特に「ISF」は非常にワイドなサウンドレンジを備えているため、「ISF」で大まかに音作りをした後に3バンド・イコライザーで微調整を行なう、なんて使い方もありだ。
また「HT-METAL」という名が付けられているが、メタルだけではなく独立した2chゲイン・コントロール/3モード仕様によりファットなクリーン/クランチサウンドも作り出せる。とてもオールマイティに使える製品と言えるだろう。







製品情報詳細神田商会)

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器