1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. Bottom's Up SUPER MATT/Custom[Kamakiri -蟷螂-/EMG]をいち早くチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

Crews Maniac Soundからボトムズアップ「SUPER MATT」シリーズの第一弾がリリースされた。この「SUPER MATT」シリーズの特徴は、何と言っても「塗装にハードサテン・フィニッシュ」を採用していること。クルーズのレギュラーサテン・フィニッシュと比べ、かなりの硬度があり、サウンド的にはビンテージ楽器が経年変化により塗装が薄く剥げていった後の「カラリとした」鳴りに近いとの噂だ。

また、伝統的な 'JAPANESE COLOR' を採用し、艶消し塗装を施したホッドロッドカーを連想させる「SHIKKOKU - 漆 黒 -」をはじめ、今回写真と動画でも紹介している「KAMAKIRI - 蟷 螂 -」「HIIRO - 緋 色 -」「TETSUKON - 鉄 紺 -」「SHIKON - 紫 紺 -」など、日本を強く意識したカラーリングも魅力的。価格は¥232,000(税込み)









 
【Bottom's Up SUPER MATT/Custom[Kamakiri -蟷螂- /EMG]の特徴】
※Webサイトより抜粋

「バランス良く鳴る」と言うのが第一印象。アタックのキレがあり、スッキリとした音色が聞こえます。ヌケがよいのはもちろんですが、各弦の分離感もよいの で、今後ボディーが鳴ってくるとバランスが取れてくるのと感じます。また、ネックを触った際のフィーリングも木の「生地状態」に近く、フィンガリングもス ムーズ。さらに、スーパーサテンは使い込む事で、味わいのある半艶から艶へのグラデーションが生まれます。ヴィンテージライクな使用感ともまた違った表情 を生んでくれるのも嬉しいところ。ブリッジにはゴトーのダイキャストブロック・トレモロを採用し、サドルにはスティールサドルを採用しました。スティール ブロックトレモロでは、より「ストラト的」な立ち上がりとトーンがありますが、ダイキャストブロックを採用した事でスマートな音の立ち上がりが得られま す。あわせて、スティールサドルはサスティーンとガッツを生み出します。


【Bottom's Up SUPER MATT/Custom[Kamakiri -蟷螂- /EMG]のスペック】

・Rose on Maple neck(Super satin finish)
・Alder body(Super satin finish)
・EMG 'SLV/SLV/85' PICK UP.
・VOLUME/TONE/5WAY SELECTOR.
・Gotoh Machine head and 510 Tremolo bridge


製品情報詳細

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器