1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. 【無料ギターレッスン】グリッサンドの方法 by 野村大輔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

【無料ギターレッスン】グリッサンドの方法 by 野村大輔

  • 2012/10/30
  • レッスン

人気ギタリスト、野村大輔によるギター入門講座

皆さん、こんにちは。野村大輔です。さて今回はグリッサンドをやってみましょう。特に奏法として難しいものではないのですが、必ずこう!という決まりがない分、戸惑いやすいですよね。グリッサンドはある程度フィーリングが大切になってくるので、自分の音を聴きながら「こんな感じかな?」と進めていけば大丈夫です。色々なパターンがあるので、ここではよく使う数パターンを弾いていけたらと思います。頑張っていきましょう!

 



【エクササイズ=練習1】

★練習1用のバックトラック



「グリス・ダウン」や「グリス・アップ」、その他動きのある4パターンをリズムに合わせて弾いてみましょう。同じグリスでもこんなにバリエーションがあるんですよね。大切なのはリズムにしっかり乗っかることなので、ドラムのビートを良く聴いて身体で弾くつもりでトライしてみましょう! 譜面は、最初の2小節はglissando(グリッサンド)と表記があり、後半2小節はgliss(グリス)になっています。これはどちらも同じ意味なので覚えておきましょう!





【エクササイズ=練習2】

★練習2用のバックトラック



次に、実際に演奏している時の使い方です。今回はパワーコードを使った簡単なバッキングを弾いてみます。その合間にグリッサンドを入れてみましょう。前半2小節は押弦したパワーコードをそのまま「ズルズル」と引きずるように音を出すグリッサンド。後半2小節は2拍目、4拍目にブラッシングを入れそのままグリッサンドに移行しています。表記の仕方は似ていても、音の雰囲気は全く違うように聴こえるので、この辺りは曖昧にしない方が良いでしょう!





【エクササイズ=練習3】

★練習3用のバックトラック



次のバージョンはフレーズに入る直前にグリッサンドをいれるパターンです。こういった細かい技はギターには欠かせない味付けですよね! やる時には「うりゃっ!」って言葉が出ちゃうくらい思いっきりやってみてください。怖いですから決しておごそかに行なわないように(笑)。







【今回のレッスンのまとめ】



 

野村大輔プロフィール

TASCAM紹介

TASCAM紹介ボタン


■野村大輔オフィシャルサイトhttp://d-nomura.com/

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器