1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. まるでパンクバンド? ビートルズ初期の幻の音源がオークションに!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

まだリンゴ・スターが不在、ピート・ベストがドラマーを務めた時代のビートルズの音源が11月27日に行なわれたオークション(※)に出品された。この音源は彼らがEMIと契約する以前に行なわれた名門レーベルDECCAでのオーディションテープのマスターで、計10曲がレコーディングスタジオで収録されたものだ。

当時のDECCAは、このオーディションテープをもとに審査した結果、ビートルズとの契約を却下し別のバンドと契約した。このことでイギリス音楽史上最大の失態とまで言われ続けてきた。スタジオに入ったビートルズは実際は15曲を演奏したとされているが、テープに収録されているのは10曲。この音源が一時期は海賊盤で出回ったこともあったようだが、その音質は決して良くなかっただけに今回オークションに出品されたマスター音源は注目のマトとなった。まるでパンクバンドのような幻の音源が実際に作品化され、陽の目をみることになる可能性は十分にあるだろう。(MY)

※THE FAME BUREAUが開催したオークション

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器