1. HOME > 
  2. ギターレーダーニュース > 
  3. 【無料ギターレッスン】プリングの方法 by 野村大輔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターレーダーニュース

【無料ギターレッスン】プリングの方法 by 野村大輔

  • 2013/01/09
  • レッスン

人気ギタリスト、野村大輔によるギター入門講座

皆さん、こんにちは野村大輔です。さて今回はプリングをやってみたいと思います。プリングは正しくはプリング・オフといって、指で弦を引っ掻くようにはじいて音を出します(ピッキングはしません)。ネックの上から親指が出る「握り込みフォーム」と親指がネックの裏に隠れる「クラシック・フォーム」のどちらでも、このプリングが必要になります。ということで、EX-1ではどちらもチャレンジしてみましょう!


 



【エクササイズ=練習1】

★練習1用のバックトラック



前述したように、EX-1は「握り込みフォーム」と「クラシック・フォーム」のどちらでもプリングができるように両パターンでチャレンジしてみてください。プリング時に手の甲が大きく動いてしまうとロスが多いので、手の甲は動かさずに指の屈伸だけでプリングができるのが理想的です。また、1〜2弦は人差指でミュートしておきましょう。このミュートが不安定だとプリングした指があたりノイズに繋がってしまいます。





【エクササイズ=練習2】

★練習2用のバックトラック



次にEX-2はAMペンタトニックのフレーズをプリングで弾いていきます。6弦側から1弦側に向かって弾き、またその逆の弾き方もします。弾く弦以外の余計な音が鳴らないように注意しながら弾いていきましょう。
 




【エクササイズ=練習3】

★練習3用のバックトラック



それでは、EX-3を弾いてみましょう。小指から人差指に向かって全てプリングで音を出すフレーズです。最初の1回だけピッキングをしてプリングを3回続けます。リズムをキープすることと、手の甲を動かさないことと、ミュートをしっかりする3つのポイント注意しながら弾いていきましょう!






【今回のレッスンのまとめ】



さて、プリングはいかがでしたでしょうか? プリングは必ずしもピックで弾く時と同じ音量にしなければならない! と言う訳ではないので、指ならではの音の変化やニュアンスを知っておくと良いと思います。またプリングの音の強弱も付けていくことになるので自分でコントロールできるように練習してみてください。それでは今回はこの辺で!
 
 

野村大輔プロフィール

TASCAM紹介

TASCAM紹介ボタン


■野村大輔オフィシャルサイトhttp://d-nomura.com/

要チェック!エレキギター

DR-44WL

Band in a box

オープンスタジオ

Grec

SHARAさん

GEN2

楽器店を探す


楽器.comの新着楽器